FC2ブログ

0 Comments
集団輪姦される自分を妄想し、失禁オナニーを繰り返していた咲。
彼女は優等生だったのだが、あまりにそのオナニーに夢中になりすぎて、合格確定といわれていた進学校の受験に失敗する。
生き方が180°変わってしまった咲の学生時代だったが、卒業後、最愛の彼ができ自分の変態性を認められて、初めて素直な自分をさらけ出すことが出来るようになった。
そして、飲尿マニアの彼のおちんちんから放出される小水を飲み干せるように調教されていく。


P1600101.jpg
現代的な美形タイプの咲。髪の色や腕のタトゥーなど、見た目こそ派手だが、性格は真面目で、
M性の強い女であることが手記と映像からも伺える。


監禁暴行事件とおもらし

 皆様はじめまして。変態飲尿マゾヒストの咲と申します。
 普段は××県××市にある『××クリニック』で歯科助手をしていますが、本当の咲は最愛の彼のおちんぽ奴隷として、日々聖水調教をされている変態女です。
 咲が自分のM性に気がついたのは、中○三年生の時でした。高○受験を半年後にひかえたその頃、隣のクラスの女の子が行方不明になる事件があったのです。
 受験のストレスから家出をしたのではないか、誰かに誘拐されて監禁されているのではないかと、学校中が大騒ぎになり、その時はみんな、受験どころではなくなってしまいました。
 それから数日後、彼女が警察に保護されたことを校長先生から聞いたのですが、どうやらその子は、学校の近くにあったダム工事の作業員たちに車で誘拐され、解放されるまでの三日間、監禁されて集団暴行されていたそうです。
 その話を同級生から聞いた咲は、あまりの恐怖から、受験勉強にまったく身が入らなくなってしまいました。そして夜な夜な怖い夢を見るようになりました。
 自分が見ず知らずの男たちに監禁され、集団で犯される夢です。トイレにも行けず、食事も与えられず、もちろん、逃げることなどできない、そんな夢です。
 その夢を見るようになってから、幼稚園の時以来すっかり治っていた「おもらし」まで、またするようになっていました。
 思えば咲が小便に異常に欲情してしまうのは、その時のトラウマが原因なのだと思います。おもらしをして以来、咲は夢の中で、いつも男たちに見られながら失禁していました。蔑んだような、そして今にも襲いかかりそうな表情の男性たちの前で失禁する恥ずかしさと屈辱感を、夢の中で毎日のように味わい続けたのです。
 そんな夢を見た日は、きまっていつもおもらしをしていました。そして恥ずかしいことに、思春期だった咲はそんな夢を見るたびに、小便と一緒にねばねばした卑猥な体液でパンツを汚していました。
 幼稚園の頃から無意識にしていたオナニーも、そのことがあってから自分が犯される姿を想像してするようになっていました。しかも、オナニーをしていると必ず小便がしたくなるのです。
 それを我慢しながらクリトリスを指先で弄っていると、今まで経験できなかったイクという感覚を味わうことができるようになりました。
 そしてそれよりも、限界まで小便を我慢してイク瞬間におもらしをするほうが、より強いアクメを感じることも知りました。
 もちろん、それは友達にさえ言えない、咲だけの秘密の変態オナニーです。


P1600219.jpg
拘束椅子に括りつけられ、電マで強制アクメ折檻。「オ……シッコが出ちゃいます……」という咲に
コップを差し出し、開脚のそのまま迸させる。

P1600284.jpg
「大きく口をあけてごらん」。そう命じられ、すぐに便器として口を開き、大量の小便を受け止める人間小便器。
あまりの量にすぐに咽せてしまい、あまり飲むことはできなかった。今日もご褒美はなしである。


P1600297.jpg
ソファにマングリ拘束し、膣にはバイブを挿入して快楽責めにする。膣内をかき混ぜる卑猥なバイブの刺激が、
咲にまた激しい尿意をもよおさせてしまう……。


P1600327.jpg
「シッコを舐めてごらん」と言われ、小便まみれの下着を舐める咲。
それだけでは飽きたらずに、染みこんだ布をチューチュー吸って、味わいだした。「興奮する味なんでしょ?」「うん」。
下着を絞って咲の口の中に注ぎ、さらに口の中へおもらしパンティを捩じ込む。

Mitsuru Tohmoto
Posted byMitsuru Tohmoto

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply